学力低下

学力低下についての様々な議論や分析結果を受け、当時の中山成彬文部科学大臣は「ゆとり教育は学習塾に通わない限り、充分な基礎学力を得られない教育だった」とし、週休二日制や「総合的な学習」の廃止を検討することも含めた方針の転換を早々に打ち出しました。



ゆとり教育による学力低下は、週休2日制などをとりいれた文部科学省の新指導要領の方針が間違っているかどうか・・という議論の前に、そもそも「子どもをしつけ、教育し、育てる立場である人間の教育ができていない」問題点を見直すべきであるといえるのではないでしょうか?




ここ最近学力低下に対しては世論もまた新たな方向へ変わってきました。『そもそも「ゆとり教育」が学力低下問題をまねいているのではなく、親や教育者側のしつけや教育不足による「子供達の生活習慣の崩れ」こそが問題なのではないか』という見解がここ最近一般的になってきたようです。



ゲームやネットに熱中して寝不足、または朝食抜きで集中力にかけた子供が増え、落ちこぼれが問題になってゆとり教育が推進されてきた背景があります。そこで学力低下不安に駆られた親は塾へ駆け込み、塾では受験技術を徹底して詰め込みます。これに疲れた子どもたちはゲームなどで夜更かしをするという悪循環・・これは親や教育者の意識改革なしにはたちきれないといえるでしょう。



けっきょく夜更かしや朝ごはんを食べないなど子ども達の生活が乱れ続けたことで、ますます学力低下が進むという流れがあるのではないでしょうか。ゆとり教育を見直す以前に、「早寝早起きや朝ごはんをしっかり食べさせる」などきちんとした親のしつけ、教師の指導力の向上が学力低下を食い止めると言えるのではないでしょうか?



教育の転落






格差時代を生きぬく教育





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おれはエステティシャン
Excerpt: 女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
Weblog: さわだ07
Tracked: 2007-06-11 02:08


Excerpt: 学習塾学習塾(がくしゅうじゅく)/塾(じゅく)とは、主に小中学校の放課の後に、別途、民間で有償で学力を補強したり、補助したりする場所。現在では(人にもよるが)なくてはならない存在であるといわれる。ほと..
Weblog: 学ぶ・教える・教育についての言葉
Tracked: 2007-07-25 04:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。